« May 2009 | Main | April 2011 »

June 2009

Sunday, June 14, 2009

「仕組み」仕事術

「泉正人:『「仕組み」仕事術』へのリンク(Amazon.co.jp) 「仕組み」関連の本は過去にも何冊か読んだことがありますが、今回は特に「仕組み」を前面に打ち出した本書を読んでみました。

思えば、最近私はあまりブログを更新できていない状況です。言い訳ではないのですが、会社でやるべき仕事が最近多い気がします。ただ、それらの仕事をすべてやろうとしたら、いくら時間があっても足りません(自分の「コピーロボット」がいれば良いのですが)。

しかし、限られた時間の中で、ある程度のクオリティのアウトプットを出さなければならないわけで、そのためには、どうしても仕組み化が必要だと最近思っています。本書では「仕組み」を以下のように定義しています。

仕組みとは、「誰が、いつ、何度やっても、同じ成果が出せるシステム」のこと。

また、著者は仕事の内容を以下の2つに分けています。

  1. 「作業系」の仕事・・・あまり頭を使わずに処理できる仕事。ルーチンワークなど。
  2. 「考える系」の仕事・・・頭を使って考える必要がある仕事。新規事業のプラニングなど。

「作業系」の仕事を仕組み化することで、時間と労力を徹底的に効率化し、生まれた時間と労力を「考える系」の仕事に充てるべきというのが、本書の主張するところです。

その「仕組み」を作る時間がないんだよなーという言い訳が出そうですが、なんとか「仕組み」を作らないことには、いつまでもやるべき仕事と時間に追われる「ラットレース」になってしまいます。時間はコントロールすべきものであって、時間の奴隷になってはいけないというのも確かです。そういった意味で本書は、「自分は仕事に追われていないか?作業系の仕事を仕組み化することで、付加価値の高い仕事にもっと専念できないか?」ということを思い起こすための良いリマインダーとなってくれそうです。

第3章では、「データ管理」「タスク管理」「メール処理」などを効率化するためのアイデアが紹介されています。これらの内容は、すでに実践している方も多いと思いますが、さらなる効率化を考える上でのヒントにはなると思います。また、第4章では、仕組みで考えるための7つの習慣が述べられています。

  1. 楽することにこだわる
    ⇒ 誤解されそうな表現ですが、「手を抜く」こととは違います。質の高い仕事を、楽に実現できるような「仕組み」を作り上げるということです。
  2. シンプルに考える
  3. 記憶せずに、記録する
  4. わからないことは聞く
  5. 自分の時間を、時給で判断する
    ⇒ 自分の時間単価を意識し、他の人がやる方が効率的(低コスト)なことは、自分ではやらない
  6. うまくいっている人の真似をする
  7. 自分を「型」にはめる
    ⇒ 自分を動かすルール・仕組みは自分で作る

「仕組み」を作るためには、誰がやってもできるレベルにまで落とし込まないといけないわけで、そのためには経験と仕組み化の労力が必要です。

しかし、一度仕組みを作ってしまえば、文字通り誰がやってもそれなりの成果があがるわけです。そして、その作業から解放された自分は、さらに付加価値の高い仕事に集中する。このサイクルがうまく回っていくことで、組織としての優位性・生産性を高めていくことが可能になるのだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, June 13, 2009

西伊豆旅行(2日目)

最近は平日・週末ともに何かと忙しくて、更新がだいぶ遅くなってしまいました。GWに西伊豆旅行に行ったときの写真を載せておきます。

恋人岬に一泊した翌日は、堂ヶ島に向かってドライブしました。まずは、黄金崎で海を見ながら、ボーッとしてソフトクリームを食べました。

Koganezaki

黄金崎はその名の通り、夕暮れ時に見ると黄金色に輝いて綺麗なのだそうですが、まだ夕方に行ったことはないのです。その後、「黄金崎クリスタルパーク」でお土産を見てから、堂ヶ島に向かいました。

Dougashima03

堂ヶ島は、本当に「風光明媚」というにふさわしい場所ですね。加山雄三さんがお気に入りなのも良くわかります。

今回は「トンボロ現象」を見ることができました。トンボロ現象とは、干潮時に海の中に隠れていた陸地が現れる現象のことをいうようです。

Dougashima01

海の中に道ができています。潮が干いている3時間ぐらいの間は現れた陸地の上を歩いて、三四郎島に渡ることができます。岩場に降りて歩いてみると、陸地の幅が結構広いです。

Dougashima04

海辺では、うにや魚を見ることもできました。

Dougashima07

時間が経つにつれて、道の真ん中のあたりから、だんだんと陸地が海の下に隠れていきました。

Dougashima08

堂ヶ島を散策して、「加山雄三ミュージアム」でお土産を見た後は、早めに宿に向かいました。今回は「堂ヶ島ホテル天遊」に宿泊しました。

Dougashima10

部屋のバルコニーからは、三四郎島を望むことができてまさに絶景でした。また、姉妹ホテル「小松ビューホテル」の露天風呂に入ることができるサービスも良かったです。

Dougashima11

ホテルは海を見下ろす場所にあって、堂ヶ島の景色を満喫するには最高のロケーションでした(下の写真の白い建物が、泊まったホテルです)。翌朝は早めに起きて、遊歩道を散策しながら、海に下りることもできました。

Dougashima06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, June 02, 2009

案本 「ユニーク」な「アイディア」の「提案」のための「脳内経験」

山本高史:「案本」へのリンク(Amazon.co.jp)

電通でコピーライターをやっていた方が書いた本です。有名なコピーは、特殊な才能や感性を持った人が芸術的なひらめきで生み出すイメージがあります。しかし、本書を読むと実はちょっと違うということがわかります。本書のメインテーマは「経験の重要性」です。

ユニークなアイディアや提案に価値があるのは確かです。しかし、そのような「ユニーク」さには危険な側面もあります。ユニークでインパクトのあるアイディアであっても、独りよがりなものであったら、本書でいうところの「ユニークの暴走」でしかないわけです。広告業界というのは、インパクトが勝負だと思っていましたが、あくまでもクライアントあっての商売であり、やはり目的はクライアントの商品を売るところにあります。

単に奇をてらったユニークさや、薄っぺらな言葉遊びに陥いってしまったのではプロではないわけです。そこで必要なのが、コピーライターの「経験」ということになります。本書では「頭の中の水がめ」や「経験データベース」と表現されていますが、経験や知識の幅が少なければ、それなりのコピーしか書けないわけです。人を動かすコピーを作るためには、経験・知識を増やしていく必要があります。そこで、どのように経験を増やしていけば良いのかについて、著者の考え方が述べられています。

著者は「経験」を以下の3つに分類しています。

  1. 実経験
  2. 擬似経験
  3. 脳内経験

実経験と擬似経験には、それぞれメリットとデメリットがあり、それを補うのが「脳内経験」だということです。脳内経験は「考える」という行為で増やすことができ、物理的な制約を超えることも可能です。脳内経験は「脳内アングル」と「脳内ツリー」という2つのツールから構成されています。これらは様々な角度から多面的に考えるマインドマップのようなツールだと私は理解しました。これらのツールを使うことで、全体を把握し、主観(偏見)を排除することが可能となります。

脳内経験を増やしていくことにより、一つのテーマに対して様々な切り口でアイディアを出すことができそうです。これは、説得力や深みのあるコピーを生み出す上で有効な方法だと思いました。また、私が仕事で扱っているようなIT関連の製品やサービスを提案していく上でも役に立つ考え方だと思います。

様々な物の見方を許容するということは、結果的に偏見を減らして、豊かで幅広い人生を生きていくことにもつながると思いました。私は最近、仕事が結構忙しかったりして、新しい情報や考え方を受け入れる余裕が無くなっていた気がします。常に心を柔軟にして、経験や知識の幅を広げていくように意識していきたいものだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | April 2011 »