« 世界一わかりやすい会計の本 | Main | アンジェリーナのモンブラン »

Saturday, August 16, 2008

「先読み力」で人を動かす

Sakiyomi IBM系企業のプロジェクトマネージャの方が書いた本です。サブタイトルにあるように、「プロアクティブ」が本書のテーマです。プロアクティブとは、「想定される問題やシナリオを先読みして、先手を打ち一歩先に行動する」考え方だそうです。

本書の内容は、IT業界で働く人にとって納得できる部分が多いと思います。また、プロジェクトメンバーからリーダーの立場に上がる際には、どうしても身に付ける必要があるスキルです。プロジェクトの成功には、「技術力」と「マネジメント力」の両方が必要ですが、やはりIT業界では「技術力」の高い人や技術の好きな人が多いと思います。しかし、プロアクティブなマネジメントなしには、結局プロジェクトがうまく回らず、全員が疲弊する結果となってしまいがちです。

このような「プロアクティブ」な考え方は、世間で「できる人」「要領の良い人」と言われる人が無意識のうちに実行しているスキルだと思います。私が働いてきたIT業界に関しては、「いい人」や優秀な技術者は多いのですが、その一方で要領が悪いケースがよくあると思うのです。プロジェクトの関係者が「プロアクティブ」を意識することで、IT業界全体の生産性が向上し、成功プロジェクトが増えていけば素晴しいことですね。

プロアクティブな考え方をタイムマネジメントに活かす方法として、手帳やExcelを使用した具体的なやり方が紹介されています。大きな流れは以下のようになります。

  1. 自分なりの仮説を持つ
  2. 仮説に基づいてスケジュール・シナリオを作成する
  3. 実績を記録し、管理する
  4. スケジュールと実績の乖離を分析する
  5. 分析結果に基づいて仮説を修正し、次のアクションにつなげる

タイムマネジメント以外にも、「プロアクティブ」をキーワードとして、チームマネジメント、ミーティング管理、リーダーの心構えについても紹介されています。

私は現在、技術コンサルタントとして様々なプロジェクトに参画していますが、複数の案件をうまくこなしていくためにも、プロアクティブな行動を実践してチーム全体の効率を上げていきたいと思います。

|

« 世界一わかりやすい会計の本 | Main | アンジェリーナのモンブラン »

「仕組み」で成功する」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「先読み力」で人を動かす:

« 世界一わかりやすい会計の本 | Main | アンジェリーナのモンブラン »