« 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 | Main | 事例でわかるWebサービス・ビジネス »

Sunday, August 31, 2008

日本一の焼き鳥

Nihonichi 最近、勝間さんの本を読んで「お酒はできるだけ控えよう!」と思った私ですが、今回はおつまみネタです。でも、お酒を飲む頻度はやっぱりできるだけ減らしていこうと思います。(まあ、たまにはお酒もよいですよね・・・)

先日は「鶏陣」の記事を書きましたが、今日は「日本一」の情報です。日本一は焼き鳥のチェーン店で(お店によっては、ウナギも扱っているようです)、いろいろなところにお店があります。今回は品川の「ウィング高輪EAST店」に行きました。聞くところでは、「日本一」はお店によって少々焼き加減に差があったりするようです(店員さんのスキルによっては、焦げすぎのお店とかあるみたいですね・・)。今回の記事は「ウィング高輪EAST店」の情報として参考にしていただければ幸いです。

日本一は何といっても1本100円というお手ごろな価格が良いですね。それでいて、味の方もなかなかのものです。これまでも何回かウィング高輪EAST店に寄りましたが、いつも何人かはお客さんが並んでいる状態です。今回は、ひな(たれ)、レバー、かわを買いました。「ひな」と「かわ」はまあ及第点といった感じです。飛びぬけて美味しい!というほどではないですが、値段のことを考えると満足できる内容です。一方、「レバー」の満足度はかなり高いです。中がちゃんと「とろり」としていて、スーパーの焼き鳥でありがちな、中身がパサパサということがありません。

Nihonichi_package比較的安価に焼鳥を買えるお店ということで、焼鳥ライフのレパートリーには欠かせないお店です。ちなみに、これまでウィング高輪では、食料品の会計時にのみPASMOが使えました。しかし今回行ったところ、日本一やおこわ米八のような各ショップでもPASMOが利用可能になっていました。この点も、電子マネー派にとっては嬉しいところです。

|

« 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 | Main | 事例でわかるWebサービス・ビジネス »

食べ物」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本一の焼き鳥:

« 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 | Main | 事例でわかるWebサービス・ビジネス »