« 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか | Main | 日経SYSTEMS 紙面刷新 »

Sunday, April 06, 2008

タントマリー シュー・ア・ラ・クレーム

先日は売り切れのため、タントマリーのシュークリームを買えなかった私ですが(過去記事参照)、ついに買うことができました!といっても、予約したわけではなく、タイミングよく2つだけ残っていたのでした。

先週、会社が早めに終わってぶらっと立ち寄った松屋銀座にて、シュー・ア・ラ・クレームが2個だけ残っているのを発見。早速購入しました。19時前だったのと、4月に入って何かと行事が多いシーズンだったのが功を奏したのかもしれません。

写真:タントマリーのシュークリーム

食べてみて、びっくりしました。これまで私の中にあった、シュークリームの概念をくつがえす美味しさです!(写真はいまいち、美味しそうに撮れていないですが。。

まず、シュー生地が絶妙です。上部クッキー生地のサクサクした食感と、下部のふんわりとしたシュー生地が織り成すハーモニーが素晴らしいです。シュー生地自体がなんとも美味しいのですが、カスタードと組み合わせることで、食べる者を至福の世界へといざないます。

カスタードは自分が想像していた、いわゆる「カスタード」ではありませんでした。ほどよい甘さとまったりとした舌触りが奏でる交響曲、これはもはや一つのの芸術作品ではないでしょうか。確かに、「予約しても買う価値あり」だと思います。

というわけで、私のシュークリームをめぐる冒険は、まだまだ続きます・・・。

|

« 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか | Main | 日経SYSTEMS 紙面刷新 »

スイーツ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タントマリー シュー・ア・ラ・クレーム:

« 富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか | Main | 日経SYSTEMS 紙面刷新 »