« 赤のスパークリングワイン | Main | 赤福 復活! »

Wednesday, March 12, 2008

ネット未来地図

Book003 Web2.0技術と、変貌しつつある業界の潮流について項目毎にまとめた本です。単なる技術解説・事例集ではなく、客観的な視点を持ちながらWeb2.0の現状を熱く伝えるレポートとして、楽しく読むことができました。

私がITに関わり始めたのは1998年です。当時はインターネットで外国の本が買えるだけで驚きでした。その後、楽天市場が生まれ、Googleの台頭やSNSの流行があり、現在に至って、検索エンジン、ブログ、SNS・・・と知的生産作業に必要なインフラが揃ってきたわけです。しかし、仕事にこれらのツールをいかに活用するかという点は、自分にとってまだまだ試行段階です。会社内の情報共有にSNSを活用する試みも少しづつ検討してはいるのですが。

この本からは、現在大きく変わりつつあるITとメディアの流れを感じることができます。今の自分にとっては、今後の潮流となる技術を切り開き、ビジネスにつなげていくのはまだ夢でしかありません。でも、この本によって現状を取り巻くIT技術とトレンドを俯瞰し、整理することができました。IT業界における現在の自分の立ち位置を認識できたのが、何よりも大きな収穫でした。

|

« 赤のスパークリングワイン | Main | 赤福 復活! »

IT」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネット未来地図:

« 赤のスパークリングワイン | Main | 赤福 復活! »